貯金0夫婦の幸せな人生の送り方

貯金0夫婦の幸せな人生の送り方

貯金0夫婦でも毎日が楽しい♡貯蓄×美容×暮らしの様子をリアルに公開します

【家計】節約だけじゃ人生はつまらない☆私の心が豊かになる浪費

こんにちは、emilyです♡

 

このブログでは、結婚を機に、私が今一番頑張っている節約や貯蓄を中心に紹介しています。

ですが、節約のことばかりを考え、全てを我慢したら毎日が楽しくないですよね。

私も、おさえる部分はおさえながら、自分が心から幸せになることにはしっかりお金を使っています!

今日は私の、「心が豊かになる浪費」を3つ紹介します。

f:id:emily3emi:20210515122415j:image

 

 

心が豊かになる浪費

夫婦での定例外食

実は、私も旦那も、料理は得意ではありません。

私は、裁縫や掃除、さらに片付けはもはや趣味と言っていいほど好きなのですが、料理だけはどうしても好きになれません。

旦那は、結婚するまでは自炊すらしたことがありませんでした。

付き合っている頃は、デートの度に外食へ行っていたため、正直私は家計が厳しかった・・・

そこで、結婚するときに、完璧は目指さないけど、自炊を協力して頑張る約束をしました。

朝ごはんとお弁当は2人で一緒に準備し、夜ご飯は早く帰ってきた方が作る。

今のところ、普段はコンビニ弁当やお惣菜にほぼ頼らず頑張っています!

 

ですが、もともとは外食が好きで、料理が得意ではない夫婦。

そこで、月1回は好きなお店に夫婦で食べに行くことにしています。

その日は料理もお酒も、好きなだけ頼みます。

月1回なので特別感があり、料理もお酒もより一層楽しく感じられます。

 

この日を楽しみに、毎日頑張ることができています。

また、次はどこに行くか、1か月かけて悩むのも楽しい時間♡

時には、定例外食+ラーメンやカフェランチに行っちゃうこともありますが、大きな外食が月1回になることで、家計も楽になりました。

 

趣味(美容関係)

私は独身時代から美容にまつわることが大好き♡

メイクも洋服も好きだし、ダイエットや体型維持も楽しみながらやっています。

独身時代からパーソナルカラー診断を中心にいろいろな診断を受け、自己分析しています。

今も美容クリニックや脱毛に通ってますし、コスパが良い診断や講座があれば受講しています。

また、もとから本はよく読むほうなので、食やダイエット、体型、ファッションなど、美容に関する本を読むのも好き。

親には、「芸能人じゃないんだから今のままでいいんじゃないの?」と言われますが、人より可愛くなりたいわけではなく、とにかく好きなんです♡

毎日鏡を見るなら落ち込まない自分でいたいし、顔(目や鼻)や手足の形や大きさ、体の骨格など、生まれながらのものは変えられません。

だけど、今あるものを最大限引き出して、ベストの自分でいたい。

だから、美容関係は私の大切な趣味です。

 

ただし趣味は追及しだしたらきりがないし、1つ1つの費用がかかるものもあります。

ですので、やりたいことをすべてやっているわけではなく、本当に必要なのか、他と比べてどうなのか、内容は吟味しています。

どうしても高い費用がかかる場合は、計画を立てて、お小遣いの範囲内で、家計に負担がかからない程度で行っています。

 

大好きな人たちへのプレゼント

これは大人になってやっとできるようになったこと。

夫や両親などの家族、大切な友人たち、職場でお世話になっている方々。

いつも私の生活を支えてくれている大切な人たちへは機をみてプレゼントを贈るようにしています。

 

若い頃は、誰かにプレゼントを贈りたくても、まずは自分のお財布、そして世間の相場と相談して予算を決め、その範囲内で探すようにしていました。

だけど、なかなかピンとくるものが見つからない。

もう少し予算があれば、○○が買えたのに・・・。

他人に対してケチケチしてた部分も、正直あったのだと思います。

 

ですが、プレゼントとは本来気持ちを贈るための手段。

値段ばかり気にしていたら、お祝いの気持ち、感謝の気持ちは相手に伝わらないと思い、考え方をチェンジ!

今では、プレゼントを贈った時に相手が笑顔になりそうなものを想像しながら選ぶようになりました。

(ただし、高価すぎるものだと逆に気を遣わせそうな場合は、やはり予算を考えたり、渡し方を工夫したり、複数人でプレゼントしたりしています。)

 

また、きちんとしたお祝いじゃなくても、仕事が疲れていそうな同僚にお菓子や好きなドリンクを差し入れしたり、実家へ帰るときに母が大好きな食パンを買って行ったり。

 

このように大切な人たちへ義務感ではなく心を込めてプレゼントを贈る。

すると、以前よりも相手の「ありがとう」が心地よく感じられるようになりました。

今では、プレゼントをもらった時と同じくらい、贈る時も幸せを感じています。

いつか、贈るときの方が幸せな気持ちになる日がくるかもしれません。

 

また、時には自分へのプレゼントを用意してみるのも良いかもしれませんね。

 

注意点

「夫婦での定例外食」「趣味(美容関係)」「大好きな人たちへのプレゼント」

この3つはあまり節約を意識せず、お金を使い、心の満足感を得ています。

しかし、これらは消費というよりは浪費(なくても日常生活が送れるもの)。

浪費にはやはり注意点があります。

 

それは、甘えが出やすいこと。

「これは自分の生活が豊かになるから我慢しない方がいい」と、どんどんお金を使ってしまう危険性があります。

特に私の場合は趣味(美容関係)!

美容クリニックに行きたい、エステも行きたい、新しく出た美容液も試してみたい!

求めだすと、きりがありません。

 

いくら心が豊かになるとはいえ、自分のもっているお金は有限。

限られた予算の中で、「消費」と「浪費」、そして「貯蓄」をうまく組み合さなくてはいけません。

 

私が意識しているのは、

◆「消費」で節約できた部分は「浪費」に回すことで節約のモチベーションをupさせる

◆「浪費」が同じ時期に重ならないように工夫する

◆「浪費」の中でもメリハリをつける

です。

 

改善策

「消費」で節約できた部分は「浪費」に回すことで節約のモチベーションをupさせる

例えば食費で、新発売のコンビニスイーツを帰りに買って帰ろうか迷ったけど、家にお菓子があるから我慢したとき。

「浮いたスイーツ代は定例外食の日に使おうね」と夫婦で話しています。

 

また、私の会計は貯蓄費を先に天引きしているので、食費や生活費を差し引いて余った金額が私のお小遣いになります。

日々の節約を頑張ることで、自分のお小遣いがupする仕組みになっているので、自然とがんばることができています。

 

「浪費」が同じ時期に重ならないように工夫する

お祝い事が重なったり、美容関係の支払日が同じ月だと、その月の家計が大ダメージ!

そこで、ずらせるものはずらす工夫をしたり、前もって分かっていたものは毎月少しずつ貯めていったりしています。

 

結婚してから、お祝い事は夫の分も含めて2倍の量になったので、夫側の予定もしっかり確認しています。

 

「浪費」の中でもメリハリをつける

 

費用を削減できるところはしっかりおさえています。

例えば趣味のメイクは、プチプラの中にも素晴らしい商品はたくさんあります。

デパコスを試してみることもありますが、基本はプチプラコスメを使っています。

また、洋服は仕事着は汚れても良いようにUNIQLOやGUを中心に使用しています。

ただし、デート服やバッグ、財布やサクセサリーなどの小物は、本当に気に入ったものを探して購入しています。

 

まとめ

いかがでしたか?

節約したり資産を作ったりすることも大切ですが、やっぱり日々の生活が味気なさすぎると人生、つまらないですよね。

ぜひ、日常に「心が豊かになる浪費」を取り入れてみてください。

何にお金を使っていいかわからない人は、何をしているとき自分は幸せを感じているか、日々の生活を振り返ってみるといいと思います。

 

私も上手に「節約」「浪費」「貯蓄」のバランスを取りながら、幸せな人生を送っていきたいと思います♡

 

私の「節約」についてはこちら

 

emily3emi.hatenablog.com

 

 

emily3emi.hatenablog.com